スマイルスマイル歯科

  • 0283249090

    診療時間 9:00-13:00 / 15:00-19:00
    (水・土・日・祝14:30-18:30)
    休診日 金曜
  • アクセス

診療案内

一般歯科

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では悪い歯の早期発見、早期治療、また、定期検診により、患者様のお口の健康に努めてまいります。

地域の信頼されるかかりつけ歯科医として、最新の機器、技術で、最良の歯科医療を目指していきたいと考えています。

歯周病

歯の周りには、歯を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。

歯周病は、歯の付け根についた歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石が、歯周病菌の温床となります。

小児歯科

小児歯科とは子供の虫歯予防、虫歯治療、歯並びの治療、そして歯周病の予防と治療などを行うところです。

虫歯を放置することは、味覚形成や顎の成長などに影響を及ぼします。当院では、将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。

予防歯科

これからは、歯が悪くなってから治療するのではなく、事前に歯を予防することにより、いつまでも健康な歯を大切にしていきましょう。

「歯周病を予防する」また「進行を抑制する」には、お家での毎日のブラッシングと歯科医院での専門のメンテナンスが必要です。

マタニティ歯科

妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られるから歯がボロボロになる、とよく言われています。本当でしょうか?

実は、ウソです。

しかし、妊娠すると歯茎が腫れたり出血をしやすくなるのは本当です。ホルモンの変化により唾液がベタベタしてきて、バイ菌が繁殖しやすくなる等の理由によります。また、知らずになっていた歯周病が悪化することがあります。

歯周病を放置しておくと、早産や低体重児出産の危険があります。誰でも赤ちゃんを無事に産み、赤ちゃんに健やかに育ってほしいと思っています。そのためには、妊娠中の妊婦さんのお口を健康に保つ必要があります。

歯茎は腫れて血が出ませんか?
治療していない虫歯はありませんか?

赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。では、なぜ虫歯菌に感染するのでしょうか? それは保護者(ママだけではありません)の虫歯菌が赤ちゃんにうつるからなのです。どんなにスプーンを分けても、保護者の口に虫歯がたくさん放置されていればうつる危険がいっぱいです。

妊娠中から、歯の検診と治療を受けましょう。ママだけでなく、パパもまた。

当院では、妊婦さんの歯のクリーニングを積極的に行って、妊娠中のお口の健康を管理させていただいております。佐野市では、妊婦助成金が受けられ、歯科治療は実質無料です。

訪問歯科

身体が不自由な方で通院が難しいという方のために、訪問診療を行っております。詳しくは院まで直接お問い合わせください。

スポーツ歯科

激しいスポーツで歯が欠けたり、歯を折ったりする事故が絶えません。既成のご自身で咬んで簡単につくる安価なマウスピースでは、歯を守る機能は十分とは言えません。

スマイルスマイル歯科では、個人の歯型をお取りし、専用のマウスピースをお作りいたします。
来院回数は、2回、時間はそれぞれ15分位です。どうぞご相談ください。

大好評のカラーのマウスピースもございます。

ページトップへ戻る